トップメッセージ

代表取締役社長 穂川 稔氏の写真

平素よりキョーリン製薬グループに対しまして格別のご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございます。

医療用医薬品業界を取り巻く環境は、一段と厳しさを増しております。そのような中、キョーリン製薬グループは、中核子会社である杏林製薬(株)の創業100周年に当たる2023年度を見据えた長期ビジョン「HOPE100」を策定し、「健康生活応援企業への進化」を目指しています。

その長期ビジョン「HOPE100」実現へのファーストステップと位置付けた中期経営計画「HOPE100 -ステージ1-(2010~2015年度)」では、「事業編成と各事業推進体制の構築・推進力の向上」をステートメントとして掲げ、医療用医薬品事業における開発パイプラインの拡充、フランチャイズカスタマー(FC)戦略の深耕による主力製品普及の最大化に努めるとともに医療用医薬品を複合的に展開する新たな医薬事業モデル(PCモデル:Pharma Complex Model)の構築・推進に取り組み、一定の成果を獲得いたしました。ヘルスケア事業では、新規事業として環境衛生事業を立ち上げました。
成果目標については連結売上高が目標を下回ったものの、営業利益は目標に近い利益額を獲得し、いずれも過去最高の実績を挙げることが出来ました。

この基盤をさらに強化し持続成長を図るべく、長期ビジョン実現に向けたセカンドステップと位置付ける中期経営計画「HOPE100 -ステージ2-」を策定し、 2016年度にスタートいたしました。
当社グループにおいては、ジェネリック80%時代の到来、主力品「キプレス」の特許切れを迎え、これまでにない大きな経営環境の変化に直面しています。変動が大きい環境の下では、既存の考え方だけで課題に対応することは困難であり、これまでの業務遂行の仕組みをダイナミックに創り変え、過去の延長線上にはない新たな取り組みを創造・実行していくべく、「ステージ2」においては、ステートメントを「長期ビジョン実現に向けて、変革(変化と革新)を行い、持続成長を図る」とし、事業戦略(4つの重点戦略、2つの育成戦略)と組織化戦略に取り組み、成果目標の達成に邁進してまいります。

キョーリン製薬グループは、長期ビジョン「HOPE100」の実現に向けて、中期経営計画「HOPE100 -ステージ2-」に全社員が一丸となり取り組んでまいります。

代表取締役社長 穂川 稔

代表取締役社長 穂川 稔氏のサイン