トップメッセージ

代表取締役社長 荻原 豊の写真

平素よりキョーリン製薬グループに対しまして格別のご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございます。

医療用医薬品業界を取り巻く環境は、一段と厳しさを増しております。そのような中、キョーリン製薬グループは、中核子会社である杏林製薬(株)の創業100周年に当たる2023年度を見据えた長期ビジョン「HOPE100」を策定し、「健康生活応援企業への進化」を目指しています。

長期ビジョン「HOPE100」のファーストステップである「ステージ1(2010年~2015年)」では、ステートメント「事業編成と各事業推進体制の構築・推進力の向上」のもと、医療用医薬品事業における開発パイプラインの拡充、主力製品普及の最大化に努めるとともに、新たな医薬事業モデルの構築・推進に取り組み、一定の成果を獲得しました。
「ステージ2(2016年~2019年)」では、ステートメント「変革(変化と革新)を行い、持続成長を図る」を掲げ、主力製品「キプレス」の特許満了に伴う対応と中長期的な視点での新薬群による成長軌道の獲得に注力し、最終ステージにつなげることができました。

現在、医療用医薬品事業を取り巻く外部環境は、医療費・薬剤費抑制策のさらなる強化、新薬の創出難易度の高まり、情報提供活動の変化等、一層厳しさが増しています。一方、内部環境としては、成長ドライバーとして期待する新薬群が出揃い、また診断事業等が芽吹きつつあり、今年度を成長期のスタートと捉えられます。このような状況下、従前の思考や方法ではない、当社の「オリジナリティー(独自の競争力のある打ち手)」を追求し、成長トレンドを実現すべく、長期ビジョン「HOPE100」の総仕上げとなる新中期経営計画「HOPE100 -ステージ3-(2020年~2023年)」を策定しました。ステートメントに「オリジナリティーの追求による成長トレンドの実現」を掲げ、事業戦略と組織化戦略に取り組み、成果目標の達成に邁進いたします。

キョーリン製薬グループは、長期ビジョン「HOPE100」の実現に向けて、中期経営計画「HOPE100 -ステージ3-」に全社員が一丸となり取り組んでまいります。

代表取締役社長 荻原 豊

代表取締役社長 荻原 豊のサイン