社会との共生(協調)

基本的な考え方

キョーリン製薬グループは、「よき企業市民として積極的に社会との共生を図り、その発展に貢献する」と企業行動憲章に掲げています。新薬メーカーとしてより良い医薬品等(真に優れた医薬品をはじめとする製品・サービス)の開発と供給を通じた社会への貢献を目指すとともに、医療・福祉問題、高齢者問題、環境問題等の解決や向上に企業活動を通して取り組みます。事業活動の基盤となる地域社会の、健やかで心豊かに生活できる活力ある社会づくりとその持続的発展のため次世代を担う青少年の健康に関する啓発活動にも取り組み、人々の健康を幅広く応援する健康生活応援企業に相応しい社会貢献活動を推進します。

※新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、一部開催方法の変更や開催を見送った取り組みがあります。

健康に関する啓発活動

出張教室の実施

「出張教室の実施」の写真

当社グループは、企業理念を具現する社会貢献活動の1つとして、2017年度より次世代を担う小中学生を対象とした「くすりの正しい使い方」や「正しい手の洗い方」を講義や実験により正しく伝える出張教室を企画・実施しています。

職場体験受け入れ

「職場体験受け入れ」の写真

当社グループの各施設において、インターンシップを受け入れ、中高生の職場見学・体験を行っています。

子ども向け健康イベントへの協賛

「子ども向けWebサイト開設」の写真

当社グループでは、次世代を担う子ども達の健康づくりを応援したいとの考えに基づき、2016年より参加体験型イベント「からだのひみつ大冒険」に協賛しています。 2018年度には、イベントに連動したポータルサイト「おしえて!先生 からだのひみつ大冒険」を開設し、子ども達(幼稚園~小学校低学年)に 「からだの中のきたないもの」を通じて、からだのしくみや病気について理解を深めてもらえる動画を配信しています。 これからも子ども達が、自分のからだに興味を持って楽しく学ぶことのできる取り組みを行っていきます。

てあらい・うがいソングへの協賛

「てあらい・うがいソング」の写真

当社グループは、音羽ゆりかご会が歌う「てあらい・うがいソング“ごしごしガラガラ”」へ協賛し、オリジナル動画を制作しました。下記WEBサイトにて動画を掲載しています。 手洗いとうがいは感染症予防対策の基本です。動画を通して、子どもたちに楽しく手洗いとうがいの励行を促し、新型コロナウイルスをはじめとした感染症予防へ貢献したいと考えています。

地域社会への貢献

スポーツイベントへの協賛

「スポーツイベントへの協賛」の写真

当社グループは、地元の子ども達が「自らの健康管理」「自らの技術向上」について考え、体験することを目的とした「しもつけサッカーセミナーin野木」へ協賛し、2020年度に21年目を迎えました。2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響によりオンラインにて開催し、元Jリーガーで現スポーツジャーナリストの中西哲生氏による上達のコツ、トレーニング方法等について解説、質疑応答を行いました。

地域清掃活動

当社グループは、地域社会の一員として事業所周辺の清掃をはじめ、近隣で実施される清掃活動への積極的な参加を行っています。

自然災害被災地への寄付

当社グループは、被災された方々の支援に役立てていただくために、下記の救援物資をお届けしました。

社員の救命救急講習受講

「社員の救命救急講習受講」の写真

杏林製薬(株)では、MR約700名が応急手当の必要性や心肺蘇生法、AED使用方法、止血法を学ぶ救命救急講習を受講しています。また当社グループ各本社、わたらせ創薬センターにおいても同講習を受講しています。